光世証券ホーム > 会社情報 TOP > システムの信頼性について

お客様の信頼にお応えするシステムのご紹介

自社システム「KICS/i5」

弊社では、お客様一人ひとりの資産運用ニーズに対し、適切な商品や的確な投資情報を提供する「オーダーメイド型」のサポートを展開しており、独自性とフレキシビリティを存分に発揮するため、システム全般を自社で構築、運用しています。

障害時に備えて、常駐監視や迅速な保守作業、データのバックアップ等、万全の体制を敷いています。

ここでは、光世証券のシステムとその運用方法等について、ご紹介させて頂きます。

進化を続ける自社システム「KICS/i5」

「KICS/i5(キックス・アイファイブ)」は、IBM社の「System i」で構築した「証券Front/BackOfficeシステム」であり、弊社の基幹システムの総称です。メインフレームで30年間の稼働実績を誇る旧システムを解析し、オープン系システムとして再構築のうえ、2008年1月より本稼働しています。

2008年6月には、お客様向けのインターネット照会サービスを開始、さらに2011年7月には、東証デリバティブのオンライン取引機能を追加するなど、「KICS/i5」は、最新のテクノロジーを取り入れ、進化を続けています。

【 証券会社向け証券基幹業務システムのご提供 】

証券プラットフォームサービス

* NTTビズリンク株式会社では、KICSレプリカシステムを証券基幹業務システムとして証券会社向けにご提供しております。

証券プラットフォームサービス(GoodWay)

24時間365日のシステム監視体制

2011年7月、東証デリバティブのオンライン取引サービスの開始時より、システムを常駐監視する「KicsManager」を構築し、24時間365日のハード障害、ソフト障害に備えています。「KicsManager」が障害を感知した際には、弊社システム部員が持つ「iPhone」にメールが自動配信されるため、障害発生をすぐに認識することが可能です。さらに、兼松エレクトロニクス株式会社が提供するリモートアクセスサービス「DESKTOP+Plus」を利用することにより、社外からでも社内のパソコンを経由してサーバを遠隔操作することができ、迅速な障害対応を行える体制を敷いています。

リモートアクセスサービスの導入事例が、兼松エレクトロニクス株式会社の広報誌「One on One」で紹介されました。

「One on One」の記事
≫「One on One」の記事はこちら[PDF]

事業継続計画(BCP)に基づくバックアップ体制、データ遠隔地保管

「KICS/i5」は、「System i」を本番稼働機、バックアップ機の2台体制で運用し、これに接続されるその他のサーバー機器及びネットワーク機器に関しても全て冗長化を行っています。また、逐次更新されるデータは、バックアップ機と同期をとり自動保存させることで(三和コムテック株式会社のソリューション「MIMIX」を利用)、信頼性の高いシステムを実現しています。

さらに、災害時に備え、お客様情報をはじめとする全てのデータを毎日、2拠点の遠隔地に分散して保管しています。

全営業員によるiPhone/iPadの積極活用

全営業員が「iPhone」・「iPad」を持ち歩き、いつ、どこでもリアルタイムな情報を取得したり、社員間のコミュニケーションを効率よく行うなど、情報機器の積極的な活用を進めています。

企業のスマートフォン利用事例として、「ITmedia」のサイト内で紹介されました。

≫「ITmedia」のサイトはこちら

免責等

上記のように、システム運用体制には万全を期しておりますが、システムの常時稼働を保証するものではございません。

システム障害時において、お客様あるいは第三者がお取引の遅延や執行不能、情報取得の不全等によって被る損害および損失につきましては、弊社は免責されるものとします。

障害その他お気付きの点がございましたら、システムソリューショングループまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。

  <お問い合わせ先>  電話 : 06−6209−0817   e-mail : system@kosei.co.jp